看板が必要になったら

看板が必要になったら

 

「3階建てのビルの屋上に看板を取り付けたいので、

 見積もりをしてほしい。」

 

という依頼を受けました。

訪問してお話しを伺う日時を決め、

看板職人と私と二人で訪問しました。

 

その方は、時間の読めない職種なので、

ご本人様とお話しをすることがかなわず、

その日は、取り付け場所だけ下見をして帰りました。

 

見積もりするには、ご本人様から、

 1、どのような看板(お考えになっていること)

 2、ご予算

 3、取り付ける場所

を知ることが必要不可欠なのです。

 

しかしその方は忙しく、

時間が思うように取れないこともあって、

「ロビーに設置してあるようなパネル看板を、屋上に取り付けるだけ」

ぐらいにお考えになっていたようで、

見積もりもすぐに出来ると思っていたようでした。

 

看板業者としては、

お客様のお考えをお聞きするのと、

見積もりに必要な事柄を確認しなければ、

見積もりは出来ないのです。

再度お客様と面談する日時を決め訪問しました。

 

今の段階で分かっている

「パネル看板を、3階の屋上に取り付ける」

という前提で、おおよその料金をお話ししたところ、

とても驚いた様子でした。

その理由を分かり易く説明しているうちに、

「パネル看板を、3階の屋上に取り付ける」

ということは、どういうことなのか、

徐々に分かってきたようでした。

 

それでは、あまりお金のかからない、

何か良い方法はないか、という話しになり、

看板職人が事前に考えておいた案を説明しました。

その方法であれば、費用は一桁違います。

その提案した方法で見積書を作成しました。

 

看板をお考えになる時には、

先ずは地元看板業者に相談しましょう。

看板のプロと色々相談しながら、

最善の答えを出しましょう。

 

以上

 

  

少しでもお役に立つようなブログを

心がけて投稿しています。

また見に来て下さい。

(有)オフィス・アライ 新井則久 


コメント: 0